夜間大学

夜間大学に働きながら通うって大変?夜間大生が感じる実生活の辛いトコロ3選

こんにちは、昼間はバイトしたりIT企業でインターンをしている現役夜間大学生のまに(@mani_transm)です。

以前書いた夜間大学(二部)の記事がかなり好評で、このブログにも夜間大学についての問い合わせが出てくるようになって嬉しい限りなのですが、最近こんな質問を頂きました。

 やっぱり夜間大学に働きながら通うって大変なのでしょうか…

やっぱり「働きながら大学に通いたい」って考えたときに一番気になるのが生活の大変さですよね。

夜間大学に働きながら通うとなると「昼は仕事をして、夜は大学」という生活を4年続けることになりますし、少なくとも「仕事だけ」の生活よりはハードな生活になるのは明白…

だけど、「今の生活から一体「何が」「どれだけ」ハードになるのか」が分からない…

そんな「働きながら大学に通う生活の大変さが想像できなくて、働きながら大学に行きたいと思っているけどなかなか行動に移せない…」という方のために今回の記事は、

「現役勤労夜間大学生の僕が実生活で感じる辛いトコロ」を3つご紹介します!

まに
まに
結論から言うと、時間の融通が効く仕事じゃないと結構大変です…!

夜間大生が感じる実生活の辛いトコロ3選

ちなみに僕の生活状況はこんな感じです。ご参考までに。

以前「大学生はバイトしないほうがいい」と言う趣旨の記事を書いたんですが、流石にお金が尽きてしまったので今は2つバイトを掛け持っています(白目)

  • バイトは「肉体労働系の深夜バイト」と「オフィス系バイト」の2つ掛け持ち
  • IT企業でのインターン(研修中)
  • 月〜土の夜は大学で授業

日曜日以外休める時間はほぼ無い

働きながら夜間大学(二部)に通う場合、日曜日以外休める時間はほぼありません

理由は3つ。

  1. 夜間大学は1日に2コマしか授業が無い関係で、月曜日〜土曜日まで授業がある
  2. 本来自宅で家事をしたり身体を休める夜の時間に大学で授業を受ける
  3. 大学で課題が出たり残業があった場合はその時間も必要

「働きながら夜間大学に行く」ということは、今現在の「仕事だけの生活」に「仕事+大学の生活」になるということですので、単純に1日のどこかの時間を大学に割かなくてはならなくなります

平日の夜なら「本来自宅で家事をしたり身体を休める時間」が大学に置き換えられ、家事をする時間や身体を休める時間が無くなることに…(白目)

夜間大学(二部)では月曜日〜土曜日の週6開講なので、正社員で土日休みなら土曜日は完全フリーではなくなりますし、一人暮らしなら平日に家事をする余裕は取りづらくなる可能性もあります。

仕事が「正社員」なのか「バイト」なのかにもよりますが、基本休める時間は日曜しかないと思っておいた方が良いですね。

まに
まに
僕自身も完全休みの日はほとんど無い気がします(笑)

体調を崩したら超辛い

「仕事+大学」の両立で体調を崩した時はかなり辛いです(笑)

仕事自体はあまり具体が悪いようなら休めるかと思いますが、

夜間大学(二部)はあまり授業を休んでしまうと単位に影響します

ただ夜間部(二部)は、授業に出たか休んだかは、社会人の学生も多く在籍しているということであまり成績に加味されませんし、仕事の残業で出席できなくてもちゃんと考慮してくれるので関係ありません。

じゃあどういうことかというと、単純に大学の授業って休んだ分だけ成績は悪くなるんですよね。(実体験済み)当然と言えば当然ですがw

僕自身前の学期は、授業に出る時間が惜しすぎて「どれだけ授業に出る回数を減らして単位を取るか」を実験してみた結果、ものの見事に成績が下がりました(白目)

「仕事が長引いて授業を休む」だけじゃなく「体調不良での欠席」も重なってしまうと、試験が簡単な形式でも本当に単位の取得は難しくなるので、なかなか大学は気軽に休めません。

まに
まに
仕事+大学の両立は結構「体力勝負」ですね!

試験前は休めないと地獄

試験直前に仕事を休めないと本当に地獄です。

僕自身前学期の試験期間は1日10時間のバイトをしながら臨みましたが、授業に出なさすぎたのもあって結果はボロボロ。

まに
まに
おそらく楽単であろう試験も落としかけました(白目)

毎回の授業できちんとノートを取って内容を理解していれば、あとは直前にノートの内容を覚えるだけなので1ヶ月前から少しずつ勉強していればそこまで大変ではないですよ!

ただ、授業を休んでいたり全く勉強していないとなると、休みが取れないとマジで地獄です。

「働きながら大学」は結構大変だけど、働きながら大学に行きたいなら夜間大学しかない。

自由な時間が日曜しかなかったり(正社員の場合)、体力が必要だったりと、働きながら大学に行くのは結構大変です。

正社員だったり週5日で働いている人は、少なくとも4年はあまり自由な時間は取れなくなるのでその辺の覚悟も必要になります。

ただし、仕事と大学の両立自体はきちんと毎日少しずつ勉強と体調管理が出来さえすれば難しくありません!

それに働きながら大卒を取るなら「夜間大学」しか選択肢は無いと思っていいです

「通信制大学」という手段もありますが、「自学スタイルという形式」なのと「学費が安い」ので辞めやすいです。勉強が続かないので卒業も難しい…

夜間大学は「大学」と言えど国立並みに学費が安く、昼間部と変わらない通学スタイルなので通信制大学と比べればかなり卒業はしやすいです!

働きながら夜間大学(二部)に通うのは大変なところもありますが、その経験がきっと自分を成長させてくれますよ!

それでは!

ABOUT ME
まに / mani
まに / mani
今どき珍しい大学「二部」に通う夜間大学生。大学にかける時間を減らし、昼間の空いた時間にプログラミングやデザインスキルで自分の価値を上げるため奮闘中。