ミニマリスト

【AirPods要らない】完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」を買ってみたレビュー

どうも、ミニマリストmani(@mani_transm)です。

この度私新しいイヤホンを書いました。

それがこちらの「SoundPEATS TrueFree

今まで僕はイヤホンはあまり好きじゃなくて、オーディオ機器を買うのもずっとヘッドホンを買ってました。

ミニマリストmaniの2018年買って良かったものBEST5どうも、ミニマリストのmani(@mani_transm)です。 2019年が明けて既に約1ヶ月半が経とうとしていますが、2018...
mani
mani
イヤホンは耳痛くなるし、完全ワイヤレスは無くしそうだしでずっとイヤホンは避けてたんですよね。

ただ、これまで使ってた折り畳めるヘッドホンもいくら折り畳めてコンパクトとはいえデカくて邪魔さを感じてたので、「そろそろAirPodsでも買うかな…」とした時にこの「SoundPEATS TrueFree」を発見。

機能的にAirPodsと遜色ないのに、たったの3,980円という超コスパで即買いしました!

TrueFreeの特徴
  • 最大20時間連続再生
  • 左右独立型で片耳のみの使用も可能
  • 自動ペアリング機能有り
  • マイク内蔵で両耳通話可能
  • ケースはバッテリー内蔵
  • 小さいポケットにも入るミニマムサイズ

AirPodsとか買う意味ないじゃん」と本気で思ったので、今「完全ワイヤレスイヤホン買いたいけど、Airpods買うか他を買うか悩んでいる」という方はぜひ参考にしてみてください!

完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」を購入

というわけで今回購入した完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」がこちらですね。Amazonで購入しました。

「SoundPEATSってどこのブランド?」という方は下記を。

まだ立ち上げから6年と若いブランドなのであまり知名度も高くないんですが、メーカー保証が1年付いていて新品への交換・返金対応などもしっかりと取り行ってくれている優良メーカーです。

SoundPEATSとは

中国深センに拠点を置く音響機器メーカー。程価格帯のBluetoothスピーカーやイヤホン・ヘッドホンの開発・設計に注力する中国のオリジナルブランドで、2013年にSoundPEATSのブランドを立ち上げてからまだ6年と若いブランドです。

中はこんな感じ。説明書は日本語含め7ヶ国語で翻訳されていて、日本語の部分はしっかり自然な日本語で説明が書かれていました

mani
mani
海外メーカー製品特有の不自然な日本語じゃないのは地味に好印象…!

中身の紹介はそんな感じで、早速使用してみた感想を書いて行きたいと思います!

「SoundPEATS TrueFree」を使ってみたレビュー

耳にスッポリ収まるフィット感

TrueFreeは耳にスッポリと収まる、小さくて且つ耳にフィットする本当にちょうどいいベストサイズなんですよね。

Airpodsは「耳からうどん」と揶揄されるみたいに変に長さが有りますが、TrueFreeは耳からはみ出ることなく耳の穴にスッポリと収まるので、言ってしまえばAirpodsよりも小さいです。

かつ重さも片耳たったの4.7g、ケースと合わせても37gしかないミニマムサイズ。

mani
mani
ちなみにAirPodsの場合ケース含めた全体の重さは40gなので、全体ではAirPodsよりも軽いんですよ!

耳からはみ出ると服を着たり脱いだりする時とか、耳に触る時に引っかかって簡単に外れてしまいそうですが、TrueFreeはそれが無いのでそんなこともないのです。

ケースから取り出せば自動でスマホと接続

ケースから取り出すと自動で電源が入り、自分のスマホやPCを検索してペアリングしてくれます。

この辺はAirPodsでも他のBluetooth機器でもあんまり変わらないですが、

他のBluetooth機器は自分で電源ボタンを押して電源を入れないといけないのに対し、SoundPEATSはケースから取り出すだけで勝手に電源が入ってペアリングを始めてくれるんですよね。

mani
mani
ケースから取り出してそのまま耳にはめれば音楽が聴けるシームレスさ。めっちゃ便利です。

電源は1回の充電で4時間持つ。バッテリー搭載のケースで最大20時間持続

出典:SoundPEATS TrueFree – SoundPEATS Japan

気になる充電の持続時間ですが、1回のフル充電で4時間の連続再生が可能です。

そして、ケースにはAirPodsと同様にバッテリーが搭載されていて、それによる充電で最大20時間の連続再生が可能です。

AirPodsと比較すると…

再生時間(充電1回当たり) 合計再生時間(バッテリー含め)
TrueFree 最大4時間 最大20時間
AirPods 最大5時間 最大24時間

と、バッテリー性能はAirPodsに若干劣りますがこの程度の差しかないんですよね。

mani
mani
AirPodsがケース含め17,800円(税別)〜と考えると、この程度の性能差で3,980円(税込)はマジで驚異です。

ケースも本体も大きすぎない、ポケットに入る小ささ

ケース自体も最小限のサイズ。iPhoneXと比べてみるとこんな感じです。

イヤホンの形状から横に長いですが、全体的な大きさはAirPodsにも引けを取らないサイズ。数値で比較してみても…

幅(W)) 奥行き(D) 高さ(H)
TrueFree 78.0mm 35.0mm 28.0mm
AirPods 44.3mm 21.3mm 53.5mm

そんなに大きな差はないんですよね。ポケットにスマホと一緒に入れても問題ないし、なんなら小さいポケットでも入ります

これでたったの3,980円。AirPods買う意味ある?

さて、ここまでTrueFreeの特徴4つ紹介してきましたが、実はまだまだ良いところは他にもあります。

  • IPX4の防滴仕様
  • XS~Lまでのイヤーピース付属
  • ハンズフリー通話可能(AirPods同様)
  • 片耳再生可能(AirPods同様)
  • 1年のメーカー保証付き

この「SoundPEATS TrueFree」を買うまではAirPodsとこれのどっちを買うかめちゃめちゃ悩んでましたが、結果的にこっちを買って大正解でした

AirPodsとは性能的にあまり変わらないのに、たったの3,980円で買えてしまう超コスパの完全ワイヤレスイヤホン。

mani
mani
AirPods、本当に買う意味ある?

というわけで、以上SoundPEATS TrueFreeのレビューでした。

これから完全ワイヤレスイヤホンを買う方はぜひ参考にしてみてください!

ABOUT ME
mani
mani
21歳のミニマリスト。 余白・インテリアとITが好きでWebやアプリを作ったりしてるエンジニア志望大学生。無駄を省いて「好き」を最大化するミニマリズムを研究中。