雑記

矯正は大学生のうちにしておけ!大学生から始める歯列矯正のメリット・デメリットまとめ

歯並びの矯正を始めました、まにです。

「大学生になったら矯正しよう」と心に決めて1年半、ようやく念願かなって矯正を始めることが出来ました。

ただ、今でこそ矯正装置にも慣れてきて「矯正始めて良かったー!」と思えてるんですが、 矯正を始める前はかなり悩みました。

そりゃもう、3ヶ月は悩みましたよ。3ヶ月。

費用は高いし、治療期間も長いし、生活に支障が出ないか心配でした。

おそらくここで悩まずに「よっしゃ、矯正しよ」となる人は滅多にいないはず。

歯並びの矯正なんて何十万、いや100万を超えることもあるくらい超高い買い物。しかも1~2年と矯正にかかる時間は年単位。

そんなハードルの高い歯列矯正ですが、もし今大学生の方、出来るなら「大学生のうちにしておいた方が良い」です。

矯正を始めてまだ1ヶ月の僕でも「大学生の今のうちに始めて良かった…」と本気で思ったので、大学生から始める歯列矯正のメリットデメリットをまとめます。

大学生から始める歯列矯正のメリット

f:id:hanano_mani_0125:20171017003823p:plain

歯並びが整って綺麗になれる!

f:id:hanano_mani_0125:20171017004439j:plain

歯並びが整えば、イケメン or 美人一歩近づけます

え?一歩近づくだけかよって?

イケメン or 美人の要素は歯並びだけじゃないからね、当然だよね(鬼畜)

でも、その要素の中でも「歯並びだけは」本当に直すのが大変。

「時間」「お金」「体力」も必要です。

僕は今まさに矯正してますが、結構苦労してます笑

でも、直すのが大変な分、歯並びが整えば一気に変わります。

やっぱり歯並びって、他人に良い印象を与える上で結構重要な要素なんですよね。「歯並び悪くても気にしないよ〜」といっても、少なくとも良い印象ではないというのは確実ですしね。

噛み合わせ改善+虫歯になりにくくなる

f:id:hanano_mani_0125:20180426124240j:plain

歯並びは健康にも関わってきます。

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛むときに左右で歯への力の掛かり方が違ったり、特定の歯だけ強い力が掛かったりします。

すると、咀嚼の力のバランスが崩れてるので頭蓋骨全体のバランスが崩れ、このバランスの崩れを正そうとして、身体全体に負荷がかかります。

その結果、頭痛やめまいといった内科的な症状が引き起こされるのです。

矯正をすれば、こうした噛み合わせも正常にすることができます。

既に身体のバランスが崩れて症状が出てる場合、噛み合わせが原因だったということもありますので、噛み合わせというのは健康面でも重要なのです。

f:id:hanano_mani_0125:20171017004001p:plain

あと、歯も磨きやすくなるので虫歯や歯周病になりにくくなります。

乱杭歯や八重歯など、歯が重なり合ってる並び方をしていると、歯を磨きにくいので歯周病や虫歯になりやすいです。

心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

僕自身も歯周病にもなり、1年程歯医者に行かなかったら前歯以外のほとんどの歯が虫歯になってました(愕然)1本は銀歯になりました…。

当然、歯並びが改善されれば歯同士の重なり合いも解消されますので、歯が磨きやすくなります。

また出っ歯や開咬の方だと口が閉じにくいため、

寝てる間も口を開けてしまって、口の中が乾燥します。

朝起きた時、口の中がよくねばつくという方は口の中が乾燥してる証拠ですね。

口の中が乾燥した結果、虫歯菌がどんどん繁殖し虫歯になりやすくなるのです。

歯並びが正常になれば、口も閉じやすくなり虫歯が増えることもなくなります。

就活で好印象!

f:id:hanano_mani_0125:20171118114835j:plain

就活では、当然「爽やかイケメン」「美女」であるほど有利です。

あ、「顔採用」とかの話ではなくあくまで「印象」の話。

もしあなたが面接官で、面接で「清潔感のあるイケメン」と「脂汗かきまくりのおデブ」が来たらどっちが好印象ですか?

ここで「おデブ」と答える人はなかなかいないでしょう。いないよね?(ビビり)

当然「爽やかイケメン」と答えるでしょう。

歯並びもこれと同じ。

「歯がキラーンと光りそうなくらい綺麗な歯並びをしたイケメン」と、「ガッチャガチャな歯並びだけど顔はイケメン」。

どっちがいいかと言われたら、おそらく前者をとるでしょう。

あっ、もちろん能力次第で逆転も全然ありえますよ!

就活はもちろん「見た目だけ」ではないので。

歯並びが悪いからと言って就活で不利になるわけではありませんが、「歯並びがコンプレックスで笑えない」と、面接官に「笑顔が少ない」=「暗い」という印象を与えかねません。

こうなってしまえば、不利になってしまいますね。

歯並びが良くなれば、就活で好印象を与えられるようになります!

若いうちは歯が動きやすい

f:id:hanano_mani_0125:20180412104317j:plain

顎の骨や歯茎の柔軟性は、年を取るとともに失われていきます。

柔軟性が無いと、せっかく矯正を終えて綺麗な歯並びになっても、「後戻りしやすい」「歯茎が下がりやすい」という問題があります。

「今矯正しなくてもそのうちやればいいかな」と楽観視していたら、30代、40代、50代…と年を取るにつれてどんどん不利になっていくのです!

大学生ならまだ20歳前後の柔軟性アリアリ

今やっておけば、死ぬまで綺麗な歯並びでいれる可能性が高いのです。

矯正するなら今しかない

僕の個人的な考えですが、矯正するなら大学生の今しかチャンスは無いと思ってます。

なぜなら、「時間に余裕がある大学生じゃないと、体力的にも精神的にも辛いから。

僕は今まさに矯正中ですが、実際に装置をつけてみて、「これ大学生じゃないとできねぇな」と本当に思いました。

まず、ご飯を食べるのが辛い。

抜歯すれば、抜歯して出来た傷口を避けてご飯を食べなければならないので、食べるのに時間がかかります。これがまためんどくさい。

また、抜歯して2日間は隣の歯が少し動くので、かなり強い痛みが出ます。

何もしてない時は痛まないのですが、物を噛んだり、ちょっとカチンと歯が当たると悶絶ものです。

ちなみにこの痛みは矯正装置をつけた後5日~1週間は続きます。

矯正装置をつけた後は特に、「普通の食べ物を食べられません」

装置装着後1週間程は噛まなくても食べられる流動食しか食べられなくなります。

僕も今まさに流動食しか食べられてない。辛い。

ただ、1週間もすれば痛みは治まってくるので、それ以降は普通の食事に戻せます。

こうした痛みや、ご飯を食べられない辛さは、おそらく就職した後だと耐えられない。

僕だったら無理ですね(白目)

比較的余裕のある大学生の今のうちにやっておくことをオススメします!

大学生から始める歯列矯正のデメリット

f:id:hanano_mani_0125:20171017003832p:plain

メリットはここまで。次はデメリットについてご紹介します。

費用が高い

歯列矯正のデメリットは正直このくらいしか思い浮かばないのですが…。

とにかく矯正にかかる費用が高いです。

安くても70万。100万以上かかるところも多いです。

大学生だと、親に頼らない限りこの金額を用意するのはかなり厳しいですよね。

しかし、無利子の分割払いデンタルローンで払える医院もかなり多いので、バイト代で払うことも十分可能です。僕は、通ってる矯正歯科で無利子の分割払いが出来たので、24ヶ月払いで毎月27,000円程払ってます。

ただし、矯正装置や矯正手法によって費用も変わってきます。

主な装置は、

金属の装置「メタルブラケット」

目立たない色の装置「審美ブラケット」

ワイヤーやブラケットを使わない「マウスピース」etc…

主な方法は、

歯の表側に装置をつける「表側矯正」

歯の裏側に装置をつける「裏側矯正」

マウスピースのみで矯正を行う「マウスピース矯正」etc…

矯正歯科によって行われてる治療は異なりますが、

大体どこでもやってるのはそんな感じ。haisha-yoyaku.jp

治療期間に2年程かかる

f:id:hanano_mani_0125:20180426123939j:plain

矯正方法にもよりますが、治療期間は数年(1年~2年以上)に渡ります。

僕の場合は2年。

大学生だから問題なくできますが、これが社会人だと転勤とかであちこち飛び回る仕事の場合、矯正は厳しいですよね。

だからこその、「矯正は大学生のうちにしておけ!」というわけです。

また、月に1度装置を締めなおすわけですが、締めなおした際多少なりとも痛みはあります。痛みには個人差はありますが、体力的にもクリアする必要があるでしょう。

健康な歯を抜く場合もある

f:id:hanano_mani_0125:20180426124516j:plain

顎が小さく歯も大きい場合、抜歯をしなければ歯が並びきらないというケースもあります。僕がまさにそのケース。

抜歯が必要な場合、小臼歯を上下で2本ずつ、計4本の歯を抜くのがほとんどです。

この記事の初めにも乗せましたが、

僕は親知らず2本+第1小臼歯4本の計6本を抜くことになりました。

歯を抜かなければ歯並びも良くならないため、思い切って抜きますが…

健康な歯を失うという精神的ダメージは大きいです(白目)

残りの歯を長持ちさせるためにこの6本を犠牲にすると考えれば、もう抜くしかない!

抜くのを恐れて将来総入れ歯になってしまったら元も子もありませんからね。

矯正を検討してる方は、健康な歯を失う可能性があるということもあらかじめ覚悟しておきましょう。また抜歯した直後は痛みもあり、食事も固形物は避けなければなりません。抜歯後1~2日程度ですが、身体的にも精神的にも負担は大きいです。

【2018年4月26日追記】

現在矯正開始から7ヶ月経ちましたが、抜歯した穴は完全に埋まり、歯も順調に並んできています。抜歯直後は痛々しく隙間も空いてショックを感じましたが、並んでくるとむしろ矯正始める前よりも良い状態なんじゃないかと思うくらい口元がスッキリしますよ!

僕が抜歯した時の体験談もまとめてます!↓

銀の装置はそこそこ目立つ

f:id:hanano_mani_0125:20171118130322j:plain

僕が装着してる矯正装置は「メタルブラケット」という、銀色の金属の装置。

多分矯正と聞いて一番最初に思い浮かべるアレです。

あの銀色でギラギラしてる感じのやつ。

それをつけてるわけですが、口を開けたらそこそこ目立ちます。

「そんなに装置は目立たないよ」という意見もありますが、嘘ですね。

金属の装置だとどうしても目立ちます。(個人差あります)

とは言っても、友達や家族には「矯正装置つけたんよ」と言わないと気付きませんでした

装置が目立つというだけで、「うわっ…」と引くわけではなく、「あっ矯正してるんだ~」程度なので、そこまで大きなデメリットではありません。

一応参考程度に挙げました。

※ちなみに、僕の大学の先輩に目立たない透明の「審美ブラケット」で矯正をしてる方がいたのですが、審美ブラケットの場合だとよく見ないと全然わからないくらい目立ちませんでした!もし目立つのが嫌という方は目立たない色の装置がオススメですよ。

矯正は大学生のうちにしておくべき

f:id:hanano_mani_0125:20180426123843j:plain

僕個人の意見として言わせてもらうと、

「矯正はマジで大学生のうちにしておいた方がいい」

コンプレックスに思ってるならなおさらです。

歯並びが悪くて人前で笑えないとなると、常に歯並びが気になってしまい自分の容姿に自信が持てなくなるのでマイナス思考にも陥ってしまいます。

そうなれば就活にも悪影響が出てしまいます。

僕が矯正を始めて7ヶ月経ちますが、矯正開始から3ヶ月目までははっきり言って辛いです。体力的にも精神的にも結構負担がデカい。

就職した後に矯正するとなると、めちゃくちゃハードだと思いますね。仕事にはまだ慣れないわ、歯は痛いわでかなり消耗すると思います。

その点大学生のうちに矯正しておけば、就活にも生かせますし、比較的楽に矯正を進めることができるのです!最初のうちは抜歯やら歯を器具で締める痛みやらで辛いですが、3ヶ月も経てば徐々に慣れてきて負担を感じることも無くなってきますよ。

費用の問題もありますが、歯列矯正はやって損はありません。

もし矯正しようか悩まれてるなら、「今後矯正をしなかったら後悔するか」を考えてみましょう。

「後悔する」と思ったならすぐやりましょう。

矯正は若ければ若いほど治療の進みが早いです。

是非勇気を出して、矯正始めてみてくださいな。

それでは!

ABOUT ME
まに / mani
まに / mani
今どき珍しい大学「二部」に通う夜間大学生。大学にかける時間を減らし、昼間の空いた時間にプログラミングやデザインスキルで自分の価値を上げるため奮闘中。