夜間大学

「大学って行くべき?」と悩む高校生は『夜間大学』に行けばいいと思う。

こんにちは!現役夜間大学生のまに(@mani_transm)です。

高校生
高校生
特に大学でやりたい事はないけど、高い学費を払ってまで大学に行っておくべきなのかな…?

こんな悩みを抱えている高校生の方は多いのではないでしょうか?

僕は今の二部の学部に入る前は昼間の工学部に居た(詳しくはプロフィールにて)ので分かるのですが、大学の学費ってクッソ高いんですよね!

「大学を卒業しておけば人生安泰!」なんて時代でもないこの時代に、数百万ものお金を払ってまで大学に行く価値はあるのか?って思いますよね。

僕自身工学部に居た時は、大学卒業後の奨学金返済額は合計720万円と笑えない借金を負う覚悟で通ってました(白目)

まに
まに
結局「こんなに大金はたいてまで大学に行く意味が見出せない…」と半ば鬱になってしまったため大学を辞めました(笑)

そして今僕は夜間大学(二部)に通っているのですが、夜間大学のメリットが多すぎて、心の底から「最初から夜間大学に行っておけば良かった…」と本気で後悔してます。

ざっと挙げると

  • 学費が国公立よりも安い
  • 昼間は自由、授業は夜に2コマだけ
  • 昼間部と夜間部に扱いの差はない
  • 休学費用もかなり安い
  • 不人気学部なので受かりやすい

これだけのメリットがあるのです!

というわけで今回は、大学に行くべきか悩む高校生に夜間大学がオススメな理由を4つ紹介していきます!

大学に行くべきか悩む高校生に夜間大学がオススメな理由4つ

学費は全国最安!コスパ超絶最高

高校生
高校生
大学行くのに4年で400万以上もお金をかけないといけないのか…

と、高い学費で悩まされている方には本当に朗報。

夜間大学の学費は4年で170万〜230万程度全国最安レベルです。

一例として「福岡大学商学部第二部」の学費がこちら。

「福岡大学商学部第二部」の学費

f:id:hanano_mani_0125:20171008164508p:plain参照元:学費・奨学金 | 福岡大学入試情報サイト

・初年度納入金:約47万円
・2年時以降の納入金:約41.5万円4年間の学費= 47万 +(41.5万 × 3年)= 合計 171.5万円

4年でたったの171.5万円

4年でたったの171.5万円です(2回目)

まに
まに
国公立ですら4年で240万はするのにこれはコスパ良すぎる!

1年あたりの学費が40万、つまり1ヶ月あたり4万円なので、バイト代だけでも十分に通える金額。

しかも夜間大学は昼間部以上に時間があって、バイトで10万円くらいは平気で稼げます。

実家が貧乏で大学の学費は全て自分持ちという高校生には超絶メリットですね!

昼間の時間は自由!大学の授業は夜に2コマだけ

夜間大学なので、授業は月〜土曜日の夜に2コマのみ!

昼間の時間は自分の好きに使えます。

ちなみに僕は月〜土の週6日、夜は18時〜21時に授業を受けています。

昼間部よりも自由に使える時間が長いので、働こうと思えば長期インターンとして企業でフルタイムで働くことも可能。

夜間大学の詳しいメリットについてはこちらの記事に詳しく書いてます!

あわせて読みたい
現役夜間大学生が語る!実生活で感じる昼間部にない夜間大学だけの魅力6選現役夜間大学生のまに(@mani_transm)です! 夜間大学って全然知られてないんですよね(唐突) 夜間に通ってると「あ...

大学での勉強にあまり価値は感じないけど、やっぱり大卒はあった方がいいよね…という方に夜間大学は本当にオススメ。

まに
まに
昼間部に行って大して興味のない授業に無駄に時間を使うよりも、夜間に行って大学に使う時間をなるべく減らし、企業でお金を貰いながら社会勉強する方が良いはず!

大学行かないでやりたい事をやるのは不安

高校生
高校生
大学に特別行きたいとは思わないけど、大学に行かずに自分のやりたい事をする勇気はない…

そんな、やりたい事ははっきりしてるけど、大学に行かないでやるのはちょっと不安という方もいるのではないでしょうか?

例えやりたい事ははっきりしていても、まだまだ大卒有利なこのご時世、大学に行かずにやりたい事をやり始めた後で、「大学に行っておけば良かった…」と後悔する可能性は少なくありません。

まに
まに
僕自身、大学中退後半年はふらふらとフリーターをしていましたが、自分は高卒という事実に、常に自分に自信を持てませんでした…

そんな方にこそ、「大学にかかる時間が少ない夜間大学」をオススメしたい。

先述した通り、夜間大学は1日に2コマしか授業がなく、昼間の時間は完全フリー。

昼間部に行くよりも、自分のやりたい事に使える時間が圧倒的に多いんです。

自分が働きたいと思っている業界があるなら、昼間の時間を使って企業でインターンやバイト。

世界一周とか世界を旅したいのなら、昼間にバイトしてお金を貯めて、貯まり次第1年くらい休学して行く、なんてこともできます。

まに
まに
夜間大学なら学費も安いし時間もかからないので、自分のやりたい事+大学を負担なく両立できます!

大学生という「身分」だからこそ出来る事がある

ここまで「夜間大学に行けばいいじゃん!」と夜間大学ならではの魅力を語ってきましたが、そもそも昼間夜間に限らず、「大学生」という身分は、ならないのが勿体無いくらい最強の身分です。

大学生のメリット
  • あちこちで学割が効く(定期代安くなる)
  • 学生向けサービス使える(Prime Student楽天学割Adobeソフトも安くなる)
  • 学生と言うだけで企業で話を聞ける
  • 長期インターンで1から仕事を勉強させてもらえる
  • 経験無くても色んな業界で働ける
  • 奨学金借りれる
  • 働かずに好きなことしても許してもらえる
  • プログラミングスクールは学生めっちゃ安い

大学行かないでフリーターや高卒就職すると、経験が無い状態で新しい仕事に就くのは厳しいですが、大学生なら企業は歓迎してくれますし、仕事を丁寧に教えてもらえます。

まに
まに
大学生というだけで、お金を貰いながら勉強できて、しかも色んな所で割引が効く。最強すぎません?

さらに夜間大学なら、ほぼ社会人と同じ時間分働けるので企業で経験を積みたい人にはドンピシャでオススメです。

夜間大学なら、大学に行きつつも自由に動ける!

大学はお金はかかる割にそんなに行きたいわけでもないし…行くべきなのか…という人にとって、夜間大学はメリットが多いところ。

お金はそんなにかからないし、大学にかかる時間は少なく自由に使える時間が多い。

いざとなれば長期インターンをしてフルタイムで働いてもいいし、大学の勉強に集中してもいい。

休学して世界を旅したり、自分に好きな事にじっくり時間を使ってもいい。

夜間大学は、大学で学びつつも自由に動ける、そんな場所です!

大学に行くべきか悩んでいる高校生は、是非夜間大学も視野に入れてみてください!

夜間大学について詳しく書いてる記事もあるので、是非ご一読を!

あわせて読みたい
貧乏でも大学に行けます。働きながら大卒が取れる「夜間大学」の特徴 そう思って大学への進学を諦めてはいませんか? 実は、お金が無くても、働かなきゃいけなくても 現役夜間学部...

それでは!

ABOUT ME
まに / mani
まに / mani
『賢く、軽やかに生きる』がモットーの20歳夜間大学生。物を捨てまくって身軽に楽しく生きるために「ミニマリスト」になる。『働かなくても生きられる』を実現するため奮闘中。