キャッシュレス

【まだキャッシュレスにしないの?】キャッシュレスで受けられるメリット5つをミニマリストが解説!

どうも、もうかれこれ半年ほど現金を使ってないミニマリストのmani(@mani_transm)です。

突然ですがみなさん、「まだキャッシュレスにしないんですか?

キャッシュレス業界って最近盛り上がってますよね。

PayPayの10億円キャンペーンLINE PayのPayトク20%還元キャンペーンとか最近立て続けに始まってて、キャッシュレス決済を始めるとかなりお得な還元が受けられるようになってます。

そんなこともあってキャッシュレスに興味を持ってる方は結構多いんじゃないかなと思うんですが、コンビニとか行ってもキャッシュレス決済で支払いしてる人ってあんまりいないんですよね。

mani
mani
キャッシュレス、こんなにトクなのに…

って思いながら毎回コンビニでスマホピッってするだけで支払いしてます。

実際僕自身もPayPayの10億円キャンペーンでコンビニの支払いが全額返ってきたり、LINEの20%還元キャンペーンのおみくじで500円もらったり

キャッシュレスの恩恵をめちゃめちゃに受けていて、「キャッシュレスにしてない人は凄いもったいないなー」と思ってるので、今回は「まだキャッシュレスにしてない人に向けて」キャッシュレスのメリットを書いていこうと思います!

キャッシュレス興味あるけどよく分かんなくて勇気出ないんだよなぁ
自分は現金派。キャッシュレスってなんか怪しい…

という方はぜひ読んでみてください!

キャッシュレスにすると受けられるメリット5つ

レジでの支払いが秒で終わる

レジの支払いはもう秒で終わりますね。やり方はスマホをかざすだけ。ハイ終了。

これの何がいいかというと、財布から小銭をジャラジャラさせて取り出す必要がなくて楽なのに加えて、店員さんも楽になれるんですよね。

現金だと店員さんが数える手間・金額を入力する手間・レジからお釣りを取り出す手間の3つの手間ができて、レジをやったことがある人ならわかると思いますが、結構ミスしやすいんですよね。

数え間違いとか入力ミスとか慣れててもしょっちゅうあります。

それと引き換えキャッシュレスは全て機械に任せられるので、店員さんはボタンを押すだけでミスしない自分はスマホかざすだけで現金数える必要ないというwin-winな関係になれる。

mani
mani
これで支払額の20%返ってくるんだから、もう最高。

いくら使ったか計算する必要ナシ

現金派の方にキャッシュレスにしない理由を聞くと

いくら使ったかわかるから。

と70%くらいの確率で返ってきますが、むしろ逆なんです。

キャッシュレスにした方が、「いくら使ってていくら残ってるのか」が明確にわかります

LINE PayやPayPayなどの各コード決済アプリは、必ず決済履歴が残るようになってるので、「いつどこで何にいくら使ったか」っていうのは全て分かるんですよ。

mani
mani
現金だとコンビニでコーヒー買った程度の支払いとかは絶対忘れるんですよねー…

特に家計簿アプリと連動させると、自分の所有資産・各銀行口座に入っている金額・各クレジットカードの今月利用額などなど、自分の経済状況の全てを管理することができるんですよね。(詳しくは次に話します)

ちなみに僕はMoneyforward MEというアプリを使ってて、資産状況は常にスマホで確認できるようになってます。

全ての銀行口座・クレジットカード等をまとめて管理できる

キャッシュレス決済と家計簿アプリを連携させることで、

  • 銀行口座
  • クレジットカード利用状況
  • 毎月の収入・支出
  • 各種ポイント残高
  • 各種電子マネーの残高

これら全てをまとめてアプリで管理できるようになります。

実際に僕が使っているMoneyforward MEというアプリの画面がこちら。

  • 今月いくら使ってるか
  • どの銀行にいくらあるか
  • どのクレジットカードがいくら使ってるか
  • 電子マネーの残高はいくらか
  • ポイントはいくら貯まってるか

全部一目でわかるんですよね。

月末に時間をとって、通帳とレシート集めて電卓とにらめっこしながら手打ち計算するなんてことしなくても良いんですよ。

mani
mani
キャッシュレスにすれば全部アプリに任せられるんです!

全ての支払いでポイント還元が必ずつく

僕のメインカードのポイント利用履歴。1P=5円なので、4,000円分のAmazonギフト券をゲット。

LINE PayやPayPayでもキャンペーン時でなくても通常で0.5%の還元がつきますが、クレジットカード経由で決済するようにすると「0.5%+クレジットカードの還元率」で買い物ができるようになります。

でも還元率は良くて3%とかでしょ?そんなに還元多くないじゃん。

と思うかもしれませんが、毎月の支払いを全部クレジットカード経由にするとどうでしょう。

月の支出が10万円あった場合、それを全部クレジットカード経由で支払ったとして還元率が3%だったら、なんと3,000円が返ってくるんですよ。

mani
mani
3,000円あればちょっと良いランチが食べれますよね。

現金で支払い続けていると、そんな恩恵も受けられないんですよね。悲しいことに。

キャンペーン時には支払額のうち20%返ってくることも!

出典:第2弾100億円キャンペーン | PayPay株式会社

散々言ってきた気がしますが、LINE PayやPayPayが20%還元キャンペーンをやってる今がキャッシュレスのビッグウェーブ。

mani
mani
乗るしかない、このビッグウェーブに。

キャッシュレスで支払うだけで支払った額の20%返ってきて、しかもたまに全額返ってきてタダになることもあるんですよね。

下のツイートは冒頭でも載せましたが、コンビニで150円のコーヒーをPayPayで買ったら150円全額返ってきて嬉しさのあまりツイートしてしまったヤツです。

キャッシュレス唯一のデメリット「現金しか使えない店がたまにある」

さて、ここまでキャッシュレスのメリットを5つ紹介してきましたが、キャッシュレスには唯一1つだけデメリットが存在するんですよね。

それは「現金しか使えない店がたまにある」ということ。

mani
mani
電子マネー・キャッシュレスはまだしも、クレジットカードも使えないだと…!?

というお店がたまにあります笑。

首都圏の方はほとんど無いかもしれませんが、地方だと多分そういうお店は多いはずです。

そういう時はどうあがいてもキャッシュレス決済は無理なので、僕は念の為普段からお札だけ持ち歩くようにしてます

財布ではなくマネークリップを使っていて、小銭は一銭も持ち歩いてません。

【レビュー】Abrsusよりも薄くてミニマル。土屋鞄のウルバーノバタフライマネークリップ。どうも、ミニマリストmani(@mani_transm)です。 実はこの度私、財布を買い換えました。 今まではこのCOACH...

メリットしかないのにまだキャッシュレスにしないの?

キャッシュレスのメリット・デメリットを紹介してきましたが、現金派の皆さまに言いたい。

「メリットしかないのにまだキャッシュレスにしないの?」

と。(震え声)

キャッシュレスは、

  • レジの支払いがスムーズ(店員さんにも優しい)
  • アプリで家計簿を自動化(月末に電卓で計算する必要ナシ)
  • アプリで銀行口座・クレジットカードを全部まとめて管理できる
  • ポイント還元がつく
  • キャンペーン時には支払額の20%が返ってきたりする

というメリット5つに対して、

  • たまに現金しか使えない店がある

というデメリット1つしかないんですよね。

このデメリットも今後キャッシュレスがどんどん浸透していくにつれて解消されていくはずなので、もはやキャッシュレスを始めない理由なんてどこにもないです。

今回の記事で「キャッシュレス、良いなぁ」と思ってくれた方はぜひ、キャッシュレスを始めてみてください。日常生活に革命が起きるはずです!

 

ABOUT ME
mani
mani
21歳のミニマリスト。 余白・インテリアとITが好きでWebやアプリを作ったりしてるエンジニア志望大学生。無駄を省いて「好き」を最大化するミニマリズムを研究中。